Stylist life magazine. Favorite items and hobbies

Erika Mori|森絵里香

Erika Mori|森絵里香

FILE vol.06

悔しくて負けず嫌いだったから続けられた。


カミオでメイクに関して彼女の右に出るものはいない。2017年にshu uemuraヘア&メイクアップコンテストで優勝してから人生が激変し更なる飛躍中の森さんの原点と過去のお話を伺いました。優勝にとことんこだわり生活習慣を見直し、自分を厳しい環境に置くなど大変な努力をしたこと。好きなメイクのことや意外な趣味やこだわりなど興味深い内容です。

 

興味のあるものは全部やった子供時代

幼少の時の印象は、一言で言うと「やんちゃ」でした。活発で男の子と戦いごっこをしていました(笑)運動も好きで走るのも速かったですよ。少し変わった話かもしれませんが、花が好きでよく花を取っていたのですが、花の部分だけちぎってポケットにいっぱい詰めていました。気に入ったものはポケットに詰める習性があったのか、カエルとかも捕まえてポケットに詰めていました。母がポケットの中身を出した時にカエルがたくさん出てきて、めちゃくちゃ怒られた記憶もあります(笑)それからトラウマなのかカエルが嫌いになりました。

中学生の時はバドミントン部に入り、キャプテンもしました。そんなに強くはなかったけど、キャンプテンにはどうしてもなりたくって自ら立候補しました!(笑)高校もそのままバドミントンを続けたけど、本格的で、強い高校だったので、ついていけず辞めちゃいました。そのあと、ダンス教室に友達と通うようになりました。チーム作ってクラブやイベントなんかによく出ていました。文化祭でも踊りましたよ。ダンスブームだったからその時はすごい充実して楽しかったなー。

 

美容師になろうと思ったキッカケはメイク!?

高校は、テキスタイル工学科に入りました。色や生地、糸、ファッション、デッサンの描き方も学びました。同級生は卒業後、アパレル店員や服飾の専門学校、ファッションデザイナーの道に進む子が多かったです。その仲間たちといろんな美容情報を交換し合う機会がよくありました。例えばその一つにメイクをするのが流行っていたのですが、メイクグッズの持ち寄って、流行りのメイクを友達とし合ったりしていました。そこで雑誌などを読んでメイクの勉強をたくさんしました。今思うとコレがキッカケでメイクの楽しさを知ったのかもしれません。その後は、母が美容師ということも一つのきっかけかもしれませんが、美容師になろうと石川県理容美容専門学校に進学します。

石川美専では、技術的な部分が全然できなくって毎日居残り組にいました。クリスマスの日も残ったことがあります(笑)それでもできないとペナルティーで雑巾掛けをさせられていました。社長の新田先生とも石川美専で出会いました。デッサンやカラーコーディネートの授業中、眠そうな顔をしているとマイクで頭を叩かれたこともあります(笑)デッサンや色の使い方などトンチンカンなものをよく描いて出来の悪い生徒だったと思います。

就職先にカミオを選んだ理由は、美容師の母に相談した時に「カミオに入って修行してこい!」って言われました。それともう一つの理由があるのですが、バイト先が一緒でよく遊んでもらった先輩がカミオに就職して、その先輩の影響も大きかったと思います。学生の時にもヘアモデルとしてもカミオに行ったこともあり、会社で働く人の人柄もわかり安心して就職しました。

入社後はDUNAN店から始まりBeaut店に勤め、その後は今のAPITA店勤務になります。

 

本気で挑戦するために生活改善からはじめました。

入社2年目以降にいたBeautで由川さんにメイクを叩き込まれました。厳しく、夜中まで練習の日々で、その頃はもう本当にメイクが嫌いになっていたと思います。でもAPITAに異動になって、しばらくし、負けず嫌いな性格なのでやっぱりメイクを続けようって思いました。メイクのコンテストなどにも挑戦しようと思うようになりました。そしてその頃、2011年くらいだったと思いますが、社長とshu uemuraのコンテストに観に行く機会があって、それが挑戦のキッカケになったと思います。それからshu uemuraの基本的な研修を受けて基礎からやり直しました。そして初めて2012年のフォトコンテストに応募し、翌2013年からヘア&.メイクアップコンテストとフォト部門とを同時に挑戦していました。しかし結果は予選落ちばかりでした。同じカミオのスタッフから予選通過したり、入賞する人がでる中、自分に何が足りないのか自問自答してた時期もありました。2016年からはフォト部門をやめてヘア&メイクアップコンテストに絞ることにしました。それと同時にコンテストに集中するために生活習慣から見直しました。例えば、部屋の掃除をしたり食事も同じものをばかり食べるようにしました。ちょっとおかしいと思う人もいるかもしれませんが、コンテストの事以外に頭を使いたくなかったのと、いろんな選択を判断するときの力を養うイメージも持ってやってたことです。(笑)

そして、コンセプトや作品テーマを考えることも異常なほど時間をかけてやってました。キーワードやイメージなど参考になるものをプリントしたり、切り抜きしたり、ファイルにまとめ、それを自分の中で何時から何時までそれついて考えるって時間を設定して毎日、そのことだけに集中してやってました!ほんと毎日です。(笑)それまでは、そこまでやっていなかったんですが、今年は本気でやろうと最初から決めていたんです。というのは、この年、カミオからこのコンテストに出場したのは私だけだったんです。その時実は「今年はイケるかも!?」って思っていました。(笑)どうしても同じ会社の同僚と一緒に出場になると喋ってしまったり、励ましあったりするんですけど、一人だといい意味での孤立し、集中できるかもと思ったのが理由です。

コンテスト用に書いたメイクデッサン

実際に参考したイメージ画像

その本気さはもう一つあって、今まではコンテスト会場の近くのホテルを取るのが普通なのですが、この時はあえて会場のホテルに宿泊しました。その会場に慣れておきたいという点と、コンテスト当日も会場に一番乗りで入れたとか、いろんな自分の中のルーティンを大切にしました。根拠はないけど優勝するかも!?って本気で思ってました。(笑)

 

shu uemuraヘア&メイクアップコンテスト2017優勝作品

優勝の副賞でパリ旅行があったんですけど、パリにもどうしても行きたかったから優勝したかったって理由もあったかも!?(笑)パリ旅行に行った際に自分へのご褒美に素敵なアクセサリーを買いました。

パリで購入したアクセサリー

 

優勝後に思った事と環境の変化

shu uemuraのコンテストに優勝してからそれをキッカケに何ができるかを考えました。まず、お客様やメイク好きの人たちに向けてのメイク動画の作成から始めました。これもまた始めてみたらいろんな課題が見えていい経験だなーっと思いますね。あとはクリエイティブ作品の制作に携わったり、メイクを中心に変わった部分が大きいです。そして今年のTGC(東京ガールズコレクション)のバックステージでランウェイモデルのヘアのアシスタントにも関わらせていただきました。他にもいろんな業種やセミナーイベントなどの講師としてのオファーもいただけたりと、たくさんのチャンスが舞い込んできました。

ハッピーメイクアップ

https://www.kamiogroup.jp/happy_makeup/index.html

 

ミラノコレクションへの挑戦と刺激

その中で急に訪れた「ミラノコレクションにメイクスタッフとしての参加」のお話。過去のshu uemuraコンテストの優勝者たちなどで構成されたチームの一員として、参加してきました。この話を最初に頂いた時にこれは自分に対する挑戦状だと思いすぐ参加のお返事をしました。実際にミラノコレクションを経験した時に思ったのは、モデルや関わっている人、ひとりひとりが自分のスタイルが確立したアーティストとして、誇りを持って仕事をしていて、そこがクリエイティブだと感じました。今はまだ、自分がデザインしたものに不安を感じる事もあるけれど、「自分がデザインしたことに意味がある」という自信と誇りを感じさせるものを作れるようになりたいです。

 

ミラノで共に仕事をしたメンバーとの写真

 

地元銭湯が憩いの場です。

休日の話なんですけど、お風呂が大好きで休日だけではないんですけどよく銭湯に行きます。地元の人もよく利用する場所で、同級生やAPITA店のお客様にもよく会います(笑)そこにジムの設備もあるので、休日はそこで運動してから、お風呂にはいって、ビールで一杯やります♩

 

神様に近況報告は欠かせません。

20歳の頃から神社参りをしています。白山比咩神社ばっかりですが、緑の多い雰囲気が好きですし、自分の中でパワースポットです。今も続けているのですが、毎年必ず伊勢神宮にも行っていますよ。良いことがあると報告しに行ったりします。コンテストの報告やミラノコレクションの時も報告してきました。

実際にいつものようにひめ神社にお参りに行きました。

自分のご朱印帳

 

韓国にハマってます。

韓国のアイドルでBIG BANがすごく好きです。もともとは韓国ブームの時にドラマなどを見るようになってから、韓国に興味を持つようになり、ファン歴はもう5~6年くらいになると思うんですけど、LIVEには必ず行きますね!グッズは数え切れないくらいあります(笑)D-LITE好きです。

実際に持っているBIG BANグッズの一部

身につけるものは「星」を取り入れてます。

shu uemuraのコンテストに優勝してからなんですけど、星グッズにハマっています。星の靴下やピアス、カバンとか星柄があれば必ず選びます。(笑)理由は単純かもしれませんが、キラキラしてたり輝いているので、自分も輝きたいって願望があるのかも(笑)

お気に入りの星グッズの一部

 

 

 

 


森絵里香(スタイリスト)
BLOG : https://kamio-ekaty.amebaownd.com/
SHOP : KAMIO APITA
https://www.kamiogroup.jp/sp/salon/apita.html