Stylist life magazine. Favorite items and hobbies

Ayaka Sasaki|佐々木彩華

Ayaka Sasaki|佐々木彩華

FILE vol.08

やりたいことは全力で。


アグレ店で若手スタイリストとして活躍している佐々木彩華さん。全力で取り組む彼女の学生生活と、美容師へと歩みを進めたきっかけについて。

バスケ一筋の学生時代

生まれたのは石川県なのですが、小学校3年生まで兵庫県西宮市で育ちました。
その後、母の実家がある石川県に引っ越しました。

でも、石川県にいたのも小学校6年生までで、中学校は単身、名古屋の学校に行ったんです。
名古屋に行った理由は「バスケットボールをするため!」

小学校5年生から始めたバスケットをもっと上手くなりたいと思って。


小学校時代に交流のあった、バスケットの指導が上手な先生に「良かったら来ないか」と誘って頂き、名古屋行きを決めました。名古屋市の大会ではいつも3位以内に入るのですが、同じ市内に全国1位をとった学校があり、いつも決勝で負けて2位でした。

その頃の友達の中には、今も実業団に入って活躍している子がいます。練習に足を運んでいた高校の先輩には渡嘉敷来夢さんもいて、一緒に練習をしたり、試合もしました。

中学校卒業後は石川県へ戻りました。
同級生のバスケットの石川県選抜メンバーが金沢高校に集まるという噂を聞き、「そのメンバーが入るなら!」と金沢高校へ入学しました。学校のバスケット部自体は元々強くなく、ほとんどが1回戦負けだったんです。だけど、自分たちの代で、最高県内2位になることができました。

学生時代バスケットを一緒にやっていたメンバーとは、今も仲が良いですよ。チームをつくって、週に1回はバスケットをしています。

社会人リーグで1位を獲るのが目標です。日曜日に試合がある事が多く、仕事の関係上なかなか試合に出られないのが悔しいですね。

高校卒業後の進路…

バスケットをしていてケガをすることもあったので、リハビリのサポートをする理学療法士さんになりたいと考えたこともあります。
だけど色々調べたら、理系なんだなと・・・私は文系にいたので難しいかなと思いました。ブライダル系のお仕事も良いかなと思った事もあります。
家族に相談したところ、ブライダルで長く続けるのは難しいのではとアドバイスをもらいました。結果、美容師になったらブライダルのお仕事もできるんじゃないかという事で、美容師の道に決めました。

就職先はブライダルのお仕事をやっている美容室を探していました。

そんな中、学校にたまたまカミオからの求人が来ていたんです。私はいつも、母(美容師)に髪を切ってもらっていたので、実はカミオを知りませんでした。でも学校の先生が「長く続いている企業だし、私も知っている。石川県では有名だよ」と教えてくださって。カミオのシオン店を見学させてもらい、カミオが歴史がある会社であること、しっかりとした教育カリキュラムがあることに魅力を感じました。
母の経営する美容室に就職をすることも考えましたが、「狭い中だけでなく、外で美容師の知り合い、友達、先輩を作ったほうが良いんじゃない?」という母の言葉もありカミオで働く事を決めました。

同期には、荒清さん、川端さん、井下さんがいます。
皆、大体同じ時期にスタイリストデビューしましたが、私は高校卒業後すぐ入社したので美専卒の皆より年齢は2歳下です。
高校卒業後、美容専門学校に通う選択肢もあったのですが、私は働きながら学ぶ通信課程を選びました。

オフの日は

休みの日はバスケをしたり、友達に会ったり。
妹が2人いて、ふたりとも東京の専門学校に通っているので東京へは年に2~3回遊びに行きます。
皆歳が近い事もあって、仲良し姉妹です。

         

今年は妹とディズニーランドに行きました。

ファッション

買い物は旅行に行った時にすることが多いです。
流行はチェックしますが、買うのは古着ですね。
韓国のネット通販を利用する事もあります。オーバーサイズの服が好きなのですが、日本ではなかなか気に入ったものがないので。
基本的にはカジュアルなスタイルが好きです。パーカーが好きでいくつも買っちゃいます。
たまにスカートを履いたり、女の子らしいものも着ますが、スニーカーを履いてハズしたり、モテ系ニットにはわざとデニムパンツ+ベルトを合わせたりするのが好きです。

仕事の時は、若いのでしっかり見られたいという思いから、シャツスタイルが多いです。
でも仕事中一番重要なのは動きやすさですね!
色は黒、ベージュ、カーキが多いです。緑が好きです。カラコAタイプなので(笑)